新しい4価インフルエンザワクチンの効果は?

 
スポンサーリンク

結論

 3~8歳の小児に4価インフルエンザワクチン(QIV)を接種すると、A型肝炎ワクチン(HAV)接種に比べてインフルエンザの発症は少なく、予防効果がみられました。

効果

 組み入れてランダム割り付けした5,220人のうち、5,168人(QIV群 2,548人、対照群 2,584人、追跡率99%)を6か月間追跡されています。

 インフルエンザ発症は、QIV群 62人(2.40%)、対照群 148人(5.73%)とQIV群で少ないという結果でした。*1

f:id:cometlog:20151021011649p:plain

 重篤な有害事象は、QIV群 36人(1.4%)、対照群 24人(0.9%)にみられ、統計学的有意差はみられませんでした。

f:id:cometlog:20151021013211p:plain

文献

ランダム化比較試験(Jain, 2013年) *2

 

*1:ワクチン効能(efficacy)は 59.3%(95%信頼区間 45.2 to 69.7)。

*2:Jain VK, Rivera L, Zaman K, Espos RA Jr, Sirivichayakul C, Quiambao BP, Rivera-Medina DM, Kerdpanich P, Ceyhan M, Dinleyici EC, Cravioto A, Yunus M, Chanthavanich P, Limkittikul K, Kurugol Z, Alhan E, Caplanusi A, Durviaux S, Boutet P, Ofori-Anyinam O, Chandrasekaran V, Dbaibo G, Innis BL. Vaccine for prevention of mild and moderate-to-severe influenza in children. N Engl J Med. 2013 Dec 26;369(26):2481-91. doi: 10.1056/NEJMoa1215817. Epub 2013 Dec 11. PubMed PMID: 24328444.