予防接種の効果と害

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HPVワクチンとCIN2+

スポンサーリンク

結論

 15-45歳の非妊娠女性(7研究、44,142人)にヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンを接種すると、プラセボや肝炎ワクチン接種に比べてCIN2+*1 が少なく、予防効果がみられました。

効果

 CIN2+はHPVワクチン群では対照群 *2 に比べて、HPV16型関連病変では相対危険 0.47(95%信頼区間0.36, 0.61)、HPV18型関連病変では相対危険 0.16(95%信頼区間0.08, 0.34)と、HPVワクチン群で少ないという結果でした。

f:id:cometlog:20150528081336p:plain

f:id:cometlog:20150528082025p:plain

 重篤な有害事象はHPVワクチン群 825人/21,916人、対照群 829人/21,940人と差がみられませんでした*3 。接種に関連すると判断された重篤な有害事象 *4 については、HPVワクチン群 15人/21,916人、対照群 8人/21,940人とHPVワクチン群で多い傾向がみられました*5

f:id:cometlog:20150528081442p:plain

文献

メタ分析(Lu, 2011年) *6

 

 HPVワクチンについてのまとめはこちらもどうぞ。

www.bycomet.tokyo

*1:子宮頸がん前がん病変であるCervical intraepithelial neoplasia(子宮頸部上皮内腫瘍)grade 2 以上の進行度

*2:プラセボまたは肝炎ワクチン

*3:相対危険 1.00(95%信頼区間 0.91, 1.09)

*4:bronchospasm, gastroenteritis, headache, hypertension, injection-site pain, decrease in joint movement at injection site, hypersensitivity to injection, chills, headache and fever

*5:相対危険 1.82(95%信頼区間 0.79, 4.20)

*6:Lu B, Kumar A, Castellsagué X, Giuliano AR. Efficacy and safety of prophylactic vaccines against cervical HPV infection and diseases among women: a systematic review & meta-analysis. BMC Infect Dis. 2011 Jan 12;11:13. doi: 10.1186/1471-2334-11-13. Review. PubMed PMID: 21226933; PubMed Central PMCID: PMC3034689.