予防接種の効果と害

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肺炎球菌ワクチンは基礎疾患がある人や高齢者にも効果がありますか?

肺炎球菌
スポンサーリンク

結論

 基礎疾患がある成人や高齢者に23価肺炎球菌ポリサッカライドワクチン(PPV23)を接種しても、肺炎はやや多い傾向がみられ、予防効果はみられませんでした。*1

効果

 すべての病原体による肺炎の発症については、PPV23群では2.3%、対照群では2.6%の発症。地域住民対象(5研究)では、オッズ比 1.10(95%信頼区間 0.93, 1.30)とPPV23群でやや多い傾向がみられました。

 日本の高齢者施設居住者対象(1研究)では、オッズ比 0.55(95%信頼区間 0.39, 0.87)とPPV23群で少ないという結果でした。 

記載なし 

文献

ランダム化比較試験のメタ分析(Schiffner-Rohe, 2016年) *2

*1:なお、日本の高齢者施設居住者を対象としたひとつの研究のみでは、PPV23の予防効果がみられています。

*2:Schiffner-Rohe J, Witt A, Hemmerling J, von Eiff C, Leverkus FW. Efficacy of PPV23 in Preventing Pneumococcal Pneumonia in Adults at Increased Risk—A Systematic Review and Meta-Analysis. PLoS One. 2016 Jan 13;11(1):e0146338. doi: 10.1371/journal.pone.0146338. eCollection 2016. Review. PubMed PMID: 26761816; PubMed Central PMCID: PMC4711910.