予防接種の効果と害

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本脳炎、忘れていませんか?

スポンサーリンク

  厚生労働省のウェブサイトから。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 健康 > 感染症情報 > 予防接種情報 日本脳炎
平成7~18年度に生まれた方は、日本脳炎の予防接種が不十分になっています。

 

 日本脳炎の予防接種は、平成17年度から21年度まで、「積極的勧奨の差し控え」として、予防接種の案内が行われていませんでした。

 予防接種が差し控えとなった平成17年当時の状況について、やや記憶が不確かになっていますので、確認してみました。

日本脳炎 - Wikipedia 
 ワクチン接種と急性散在性脳脊髄炎(ADEM)の因果関係が否定できない事例が認められた為、現行の(北京株)マウス脳由来ワクチンを2005年(平成17年)時点で開発途上であった、より安全性が高いと考えられたvero細胞(アフリカミドリザル腎臓由来株化細胞)由来ワクチンへの切替を見越し、2005年5月30日付で厚生労働省健康局結核感染症課長が「現行のワクチンでの積極的推奨の差し控えの勧告」[2]を各都道府県に通知し、この通知により一部の市町村が自主的に接種を一時中止した。  

 

 マウス脳由来ワクチンが原因でADEMが発症している懸念があるとの判断で、2005年5月30日の厚労省通知によって接種が一時中止となっています。

 ADEMはどれくらい発症したのでしょうか。日本医師会のウェブサイトから。

日医ホーム>感染症関連情報>
日本脳炎ワクチン接種の積極的勧奨の差し控えQ&A;
  予防接種後にみられたADEMの患者さんで、予防接種法に基づく健康被害救済制度の認定を受けた方の数は、平成元年度から平成17年5月までで14件です。
  日本脳炎ワクチンの副反応としてのADEMは、70-200万回の接種に1回程度、きわめてまれに発生すると考えられています。万が一発症しても通常は軽快し、その後の再発はみられません。 予防接種によると考えられるADEMでは、通常、ワクチン接種後数日から2週間程度の間に発熱、頭痛、けいれん、運動障害等の症状があらわれます。症状が疑われる場合には、医療機関において医師の診察を受けてください。接種をうけても症状のない場合は、健康診断や検査を受ける必要はありません。

 

 幸い、予防接種の差し控え期間中には、日本脳炎の発症者数は増加がみられなかったようです。下記をご参照ください。

感染症情報センター
日本脳炎 2003~2008
2003~2008年の6年間に日本脳炎患者は、合計33例報告された。
日本脳炎 Q &A; 第3版(平成22年6月30日一部修正)
図1. 日本脳炎患者報告数

 

 国内でもまだ発症がみられていますね。

 現在、新しいワクチンによる予防接種が再開されています。母子手帳をご確認ください。接種していない方は、お忘れなく。