ロタウイルスワクチンは14週6日までに開始を

スポンサーリンク

 ロタウイルスワクチン「ロタリックス」「ロタテック」について改訂があります。以下の通りです。

PMDA 医薬品医療機器総合機構
使用上の注意の改訂指示 > 平成24年度指示分(掲載日時 平成24年4月24日) 
改訂の概要
「用法・用量に関連する接種上の注意」の項に、初回接種は生後 14 週 6 日までに行うことが推奨されている旨を追記する。 
改訂の理由及び調査の結果
集積された国内症例の中には初回接種時期が15週以降の症例もあっ たこと、および関連する文献が公表されたことから、専門委員の意見も踏まえた調査の結果、米国における予防接種の実施に関する諮問委員会(ACIP)のRecommendationも踏まえて改訂をすることが適切と判断した。  
直近3年度の国内副作用症例の集積状況
ロタリックス:「腸重積症」9 例 (うち、因果関係の否定できない症例 9 例) 【死亡 0 例】
ロタテック:未発売

  米国の諮問委員会の勧告も踏まえて、というところがポイントでしょうか。

  これまでロタリックスは24週までに2回の接種完了ということで、生後20週での開始可能でした。ロタウイスルワクチンは生後15週未満での開始をお願いします。