予防接種と熱性けいれん(2)

 
スポンサーリンク

 予防接種と熱性けいれん(1) につづきます。


  もうひとつ、デンマークのコホート研究をご紹介します。
------------------------------------------------------------
Vestergaard M, Hviid A, Madsen KM, Wohlfahrt J, Thorsen P, Schendel D, Melbye M, Olsen J. MMR vaccination and febrile seizures: evaluation of susceptible subgroups and long-term prognosis. JAMA. 2004 Jul 21;292(3):351-7. PubMed PMID:15265850.

■小児に対して
■MMRワクチンは
■熱性けいれんやてんかん発症の予後因子となるか
■予後、コホート研究

■結果(※※)
537,171人の小児に対して、MMRワクチンは439,251人(82%)に接種。
熱性けいれんをおこした17,986人(3.3%)のうち、MMRワクチン接種後2週間以内の発症は973人。
MMR接種後2週間の熱性けいれん発症:相対危険 2.75倍(95%信頼区間 2.55-2.97)

生後15-17か月の熱性けいれんの予後因子として、
MMRワクチン接種後2週間:1000人当たり1.56 (95%信頼区間 1.44-1.68)
兄弟が熱性けいれん:1000人当たり3.97 per 1000 (95%信頼区間 2.90-5.40)
熱性けいれんの既往がある:1000人当たり19.47 (95%信頼区間 16.05-23.55)

MMRワクチン接種後の熱性けいれんでは再発がわずかに多いが、てんかんは多くない。
------------------------------------------------------------

  やはり、MMRワクチン接種後2週間は、熱性けいれんの可能性が高まるようです。

  熱性けいれんの既往がある場合には、なおさらこのようなリスクをよく理解した上で接種するかどうか判断したほうがよさそうです。
つづく