予防接種と熱性けいれん(1)

スポンサーリンク

  「熱性けいれんをおこした後、どの程度の間隔をあけて予防接種をしたほうがよいのでしょうか?」

  日本小児神経学会から、以下のような見解が出ています。厚生労働省のウェブサイトから。
------------------------------------------------------------
厚生労働省 予防接種ガイドライン等検討委員会
予防接種ガイドライン

ア  熱性けいれんの既往のある者
  日本小児神経学会の見解(平成15年5月)によれば、熱性けいれんをもつ小児への予防接種基準は以下のとおりとされている(「脳と発達」2002,34,166~169の解説,Q&A1;~12を参照)。
1.  予防接種の実施の際の基本的事項
  現行の予防接種はすべて行って差し支えない。ただし,接種する場合には次のことを行う必要がある。
  ・ 保護者に対し,個々の予防接種の有用性,副反応(発熱の時期やその頻度他),などについての十分な説明と同意に加え,具体的な発熱時の対策(けいれん予防を中心に)や,万一けいれんが出現した時の対策を指導する。
2.  接種基準
  1)  熱性けいれんと診断された場合は,最終発作から2~3カ月の観察期間をおけば1.の条件のもとで接種可能である。
  2)  ただし,接種を受ける小児の状況とワクチンの種別により,主治医の判断でその期間の変更は(短縮も)可能である。
  3)  長時間けいれん(15分以上発作が持続)の既往例は,小児科専門医ないし小児神経専門医が診察しその指示のもとで施行する。

(一部抜粋)
------------------------------------------------------------

  それでは、予防接種後の熱性けいれんのリスクはどの程度なのでしょうか?調べてみました。


  米国CDC、ぬかりないですね。2001年のNew England Journal of Medicineのコホートから。
------------------------------------------------------------
Barlow WE, Davis RL, Glasser JW, Rhodes PH, Thompson RS, Mullooly JP, Black SB, Shinefield HR, Ward JI, Marcy SM, DeStefano F, Chen RT, Immanuel V, Pearson JA, Vadheim CM, Rebolledo V, Christakis D, Benson PJ, Lewis N; Centers for Disease Control and Prevention Vaccine Safety Datalink Working Group. The risk of seizures after receipt of whole-cell pertussis or measles, mumps, and rubella vaccine. N Engl J Med. 2001 Aug 30;345(9):656-61. PubMed PMID: 11547719.

■小児に
■予防接種(DTP、MMR)をすると
■一般の小児と比べて
■熱性けいれんの頻度が高まるか
■予後、コホート

■結果(※※)
熱性けいれんの頻度が高まるのは、
DTPは接種日のみ:調整相対危険 5.70(95%信頼区間 1.98 to 16.42)、10万人当たり6-9人
MMRは接種後8-14日:相対危険2.83(95%信頼区間 1.44 to 5.55)、10万人当たり25-34人
いずれも、非熱性けいれんの頻度、長期の副作用には変わりがなかった。
------------------------------------------------------------

  MMR(麻疹、おたふく、風疹)では接種後2週間は熱性けいれんの頻度が高いようですが、その後は戻るようです。

つづく