6か月未満の乳児に対するインフルエンザ予防(2)

 
スポンサーリンク

 6か月未満の乳児に対するインフルエンザ予防(1) につづきます。


  そこで、6か月未満の乳児のインフルエンザ予防について、妊婦のワクチン接種について、ガイドラインを参照してみました。

 

  検索すると、米国疾病管理予防センター(CDC)に以下のような記述がありました。
------------------------------------------------------------
CDC - Morbidity and Mortality Weekly Report (MMWR)
Prevention and Control of Influenza with Vaccines
Recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2010
Pregnant Women and Neonates
  Pregnant women have protective levels of anti-influenza antibodies after vaccination (211,212). Passive transfer of anti-influenza antibodies that might provide protection from vaccinated women to neonates has been reported (211,213--216). One randomized controlled trial conducted in Bangladesh that provided vaccination to pregnant women during the third trimester demonstrated a 29% reduction in respiratory illness with fever among the mothers and a 36% reduction in respiratory illness with fever among their infants during the first 6 months of life. In addition, infants born to vaccinated women had a 63% reduction in laboratory-confirmed influenza illness during the first 6 months of life (217). All women in this trial breastfed their infants (mean duration: 14 weeks). However, a retrospective study conducted during 1997--2002 that used clinical records data did not indicate a reduction in ILI among vaccinated pregnant women or their infants (218). In another study conducted during 1995--2001, medical visits for respiratory illness among infants were not reduced substantially (219).
------------------------------------------------------------

研究により結果が異なる

  2008年のバングラディッシュのランダム化比較試験(引用文献217)では、妊娠中に不活化ワクチンを接種すると、出生した乳児の発熱を伴う呼吸器症状が36%少ないという結果でした。しかし、相反する結果の観察研究もある、ということでした。


  これらの過去の研究をふまえると、6か月未満の乳児に対するインフルエンザ予防(1)で紹介した観察研究の結果は興味深いもののようです。

  2008年のバングラディッシュのランダム化比較試験はこちらです。抄録のみ確認しました。
------------------------------------------------------------
Zaman K, Roy E, Arifeen SE, Rahman M, Raqib R, Wilson E, Omer SB, Shahid NS,Breiman RF, Steinhoff MC. Effectiveness of maternal influenza immunization in mothers and infants. N Engl J Med. 2008 Oct 9;359(15):1555-64. Epub 2008 Sep 17.PubMed PMID: 18799552.

■妊婦に対して
■インフルエンザワクチンを接種すると
■肺炎球菌ワクチンを接種するのと比べて
■生後6か月までの乳児のインフルエンザ発症は少ないか
■治療(予防)、ランダム化比較試験

■結果(※※※)
対象:340人の妊婦
インフルエンザ発症
インフルエンザワクチン接種:6人
肺炎球菌ワクチン接種:16人
ワクチン有効性 63%(95%信頼区間95% 5~85%)

発熱を伴う呼吸器症状
インフルエンザワクチン接種:110人
肺炎球菌ワクチン接種:153人
ワクチン有効性 29%(95%信頼区間 7~46)
------------------------------------------------------------

  効いているように思えますが・・・CDCではやや懐疑的という印象を受けますね。