6か月未満の乳児に対するインフルエンザ予防(1)

 
スポンサーリンク

  インフルエンザの流行もようやくピークを過ぎてきたようです。花粉症の方が受診されるようになってきました。みなさまのところでは、いかがでしょうか。

  さて、12月のMedical Tribuneに、妊婦に対するインフルエンザワクチンの記事がありました。
------------------------------------------------------------
6カ月未満の乳児にも効果
妊娠中のインフルエンザワクチン接種
------------------------------------------------------------

  この記事でとりあげられているのは、この論文です。抄録のみ確認しました。
------------------------------------------------------------
Eick AA, Uyeki TM, Klimov A, Hall H, Reid R, Santosham M, O'Brien KL. Maternal Influenza Vaccination and Effect on Influenza Virus Infection in Young Infants. Arch Pediatr Adolesc Med. 2010 Oct 5. [Epub ahead of print] PubMed PMID:20921345.

■妊婦に
■インフルエンザワクチン接種すると
■ワクチン接種しないのと比べて
■生後6か月までのインフルエンザ発症は少ないか
■治療(予防)、コホート


■結果(※※)
インフルエンザ様症状発症について
ワクチン接種:1000人日当たり6.7
ワクチン非接種:1000人日当たり7.2
検査で確定されたインフルエンザ感染症では41%少ない。
相対危険 0.59(95%信頼区間 0.37-0.93)
------------------------------------------------------------


  介入研究ではなく、観察研究(コホート研究)でした。妊婦へのワクチン接種で、出生後6か月までの乳児のインフルエンザ発症が41%予防できる、という結果でした。

つづく