予防接種の効果と害

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクチンと自閉症

有害事象
スポンサーリンク

 予防接種に含まれる水銀と自閉症の関連につづきます。

 

 科学論文も不正に捏造されることがあります。今回はその事例をジャーナリストが医学雑誌に告発しています。共同通信の記事から。

ワクチンで自閉症はでっちあげ 英医学誌に報告

  【ワシントン共同】麻疹、おたふくかぜ、風疹の新3種混合(MMR)ワクチンの接種と自閉症との関連性を指摘した1998年の論文は医師のでっちあげだったとの報告を、英国のジャーナリストが英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル電子版に5日発表した。

 ジャーナリストのブライアン・ディアー氏は今回、論文の対象となった患者の親への聞き取りや診療記録の調査を実施。接種後に自閉症の症状が出たとされる12人のうち、5人は以前から症状があり、3人は自閉症ではなかったと結論付けた。

 

 この報告 *1 はBMJ誌に公開されています。

How the link was fixed
The Lancet paper was a case series of 12 child patients; it reported a proposed “new syndrome” of enterocolitis and regressive autism and associated this with MMR as an “apparent precipitating event.” But in fact:

Three of nine children reported with regressive autism did not have autism diagnosed at all. Only one child clearly had regressive autism

Despite the paper claiming that all 12 children were “previously normal,” five had documented pre-existing developmental concerns

Some children were reported to have experienced first behavioural symptoms within days of MMR, but the records documented these as starting some months after vaccination

In nine cases, unremarkable colonic histopathology results—noting no or minimal fluctuations in inflammatory cell populations—were changed after a medical school “research review” to “non-specific colitis”

The parents of eight children were reported as blaming MMR, but 11 families made this allegation at the hospital. The exclusion of three allegations—all giving times to onset of problems in months—helped to create the appearance of a 14 day temporal link

Patients were recruited through anti-MMR campaigners, and the study was commissioned and funded for planned litigation

 

 この1998年の研究は、MMRワクチン反対活動家らを通して患者が集められ、仕組まれた調査だったようです。科学も仕組まれることがあるのです。

 このことが判明するのに12年以上かかっています。科学的知見も確固たるものではない、将来覆りうる、という前提で向き合う必要がありそうです。


つづく

一部改変 2015-03-23

*1:Deer B. How the case against the MMR vaccine was fixed. BMJ. 2011 Jan 5;342:c5347. doi: 10.1136/bmj.c5347. PubMed PMID: 21209059.