家族が水痘にかかったら72時間以内にワクチンを

結論 同居する兄弟が水痘を発症した健康な小児に対して、接触から3日以内に水痘ワクチンを接種すると、水痘発症が少ない。 効果 水痘の発症(3研究, 110人)は、水痘ワクチン接種群では 13/56人(23%)、水痘ワクチン非接種群では 42/54人(78%)とワクチン…

肺炎球菌ワクチンは基礎疾患がある人や高齢者にも効果がありますか?

結論 基礎疾患がある成人や高齢者に23価肺炎球菌ポリサッカライドワクチン(PPV23)を接種しても、肺炎はやや多い傾向がみられ、予防効果はみられませんでした。*1 効果 すべての病原体による肺炎の発症については、PPV23群では2.3%、対照群では2.6%の発症…

50歳以上にも肺炎球菌ワクチンの効果はありますか?

結論 50歳以上の成人に23価肺炎球菌ポリサッカライドワクチン(PPV23)を接種すると、侵襲性肺炎球菌感染症は少なくなりますが、市中肺炎はワクチンなしとほぼ同等で予防効果はみられませんでした。 効果 侵襲性肺炎球菌感染症の発症についてのワクチン有効…

肺炎球菌ワクチンで肺炎は少なくなりますか?

結論 健康な成人に23価肺炎球菌ポリサッカライドワクチン(PPV23)を接種すると、プラセボまたは他のワクチン接種や接種なしに比べて、すべての病原体による肺炎の発症が少なく、予防効果がみられました。 効果 すべての病原体による肺炎の発症(7研究、156,…

ワクチンを詳しく知りたい人のための入門書

HPV

厚生労働省の情報 HPVワクチンとメディア HPVワクチンの総括 ワクチンとメディア 本の紹介です。 「結局、子宮頸がんワクチンってどうなんですか?」 という質問を受けることがあります。 子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)はいまだに「積極的な接種勧…

予防効果を判断するための2つの指標

予防医療の効果を判断するには efficacy と effectiveness の2つがあります。この2つは混乱しやすいですので、確認しておきましょう。 efficacy:効能、有効性などと訳されます。ある理想的な条件下で行われた介入の効果、いわゆる理論的な効果のことです。…

肺炎球菌ワクチンの種類

PCV(結合型ワクチン, pneumococcal conjugate vaccine) PCV7 PCV13 PPSV(ポリサッカライドワクチン,pneumococcal polysaccharide vaccine) PPSV23 肺炎球菌ワクチンの種類や適応が変更となり、わかりにくくなっています。ここに覚え書きとしてまとめてお…

ワクチンで肝細胞癌は予防できますか?

結論 小児期にB型肝炎ウイルスワクチンを接種すると、接種なしに比べて、小児期の肝細胞癌の発症は少なく、予防効果がみられました。 効果 6-19歳での肝細胞癌の発症は、B型肝炎ウイルスワクチン導入 *1 前 444人(78,496,406人年)に対し、導入後 64人(37,…

ワクチンで60歳以上の帯状疱疹は予防できますか?

結論 高齢者(平均年齢60歳以上、13研究、69,916人が対象)に帯状疱疹生ワクチンを接種すると、プラセボなど帯状疱疹以外のワクチン接種または接種なしに比べて、帯状疱疹の発症が少なく、予防効果がみられました。 効果 帯状疱疹の発症(1研究、38,546人、…

新しい4価インフルエンザワクチンの効果は?

結論 3~8歳の小児に4価インフルエンザワクチン(QIV)を接種すると、A型肝炎ワクチン(HAV)接種に比べてインフルエンザの発症は少なく、予防効果がみられました。 効果 組み入れてランダム割り付けした5,220人のうち、5,168人(QIV群 2,548人、対照群 2,5…